« 藤原岳花紀行  残雪の斜面 | トップページ | お気に入りの椿  加茂本阿弥 »

2013年4月 1日 (月)

母屋を乗っ取ったツツジ

Dcim0776 綺麗なツツジでしょ。

でも買ったのは黄色のシャクナゲなのです。

高山植物のキバナシャクナゲと勘違いする人がいると

いけないので

黄色といってもクリーム色の西洋シャクナゲ

園芸種です。

鉢植えを買って、2年目までは花が咲いてくれまし

た。葉は常緑だったのですが

夏に水遣りを忘れて、枯らしてしまいました。

根元から新しい芽が伸びてきたので

大切に育てていたら

なんと黄色いシャクナゲが

ピンクのツツジに化けてしまったのです。

種明かしは簡単、台木に使われていたこのツツジに、黄色のシャクナゲを接木してあったのです。

バラなどにもよくあることなのですが、接木の苗は

気をつけていないと台木のノイバラが伸びてきて、赤いバラなのに白い花を咲かせてしまうことがあります。

台木には丈夫な同種の木を使うからです。

Dcim0783 このツツジの株元を見てください。

丸いこぶのような所からビニールが垂れています。

ここが接木した部分

それより右上に伸びている枝が

枯れてしまった黄色のシャクナゲ

今ピンクの花が咲いている枝は

左下、つまり台木が伸びてきたものです。

このツツジが咲くようになって3年目

今ではシャクナゲの枝に負けないくらい

太く大きくなりました。

なんという名前のツツジか知りませんが

小輪のこのツツジ

結構気に入っています。

« 藤原岳花紀行  残雪の斜面 | トップページ | お気に入りの椿  加茂本阿弥 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

10数年前にライラックを購入して・・・・いつの間にか大きくなったら、イボタノキに変わっていました。
不思議に思いましたが、何しろ畑に植えていたので、何故?

北海道の方にお聞きしたら、イボタノキにライラックが接いである場合があるようでした。

綺麗なツツジで良かったですね~♪

かげろうさん おはようございます。
ライラックがイボタノキでは、ちょっと残念でしたね。
今年は水田はじめるのでしようか。
また新緑の頃の水鏡、見せてくださいね。
イズモコバイモのボランティアもご苦労様です。

 をっ 画像を二枚貼ってある(@@)
よかったですね(^^)v

shukuさん 今晩は。
なんとなくやり方がわかってきた。あはは

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/57078327

この記事へのトラックバック一覧です: 母屋を乗っ取ったツツジ:

« 藤原岳花紀行  残雪の斜面 | トップページ | お気に入りの椿  加茂本阿弥 »