« キリガミネヒオウギアヤメ | トップページ | 水草の季節   コウホネが咲いたヒツジグサが咲いた »

2013年5月21日 (火)

サワトラノオが花盛り

Dcim2205 我が家の水草コーナーは

睡蓮鉢だったり、ハッポウスチロールのトロ箱だったり

水の流れ出る口をふさいだプランターだったり

容器は様々だが

それらに、ありとあらゆる水草が繁茂している。

画像は最盛期のサワトラノオ

手前左にトウサワトラノオも混じってしまった。

今でこそこんなに増えているが

標本にした残りの枝をカットして

挿し木(草だから挿し木は変か)したもの

サクラソウ科の植物は、枝を挿しておくと発根するの

である。






Dcim2208 で、こちらはもっと珍品のトウサワトラノオ

愛知県と栃木県だけに自生している絶滅危惧植物。

最盛期はちとすぎてしまった状態。

とても丈夫な植物で

種子が飛んでどんどん増えるし

栄養繁殖もする。

だが、突然に消えてしまったりの謎も多い。

最近は勝手にどこかの鉢から出てくるので

一切手をかけていない。

画像の鉢も主役はダツラ

« キリガミネヒオウギアヤメ | トップページ | 水草の季節   コウホネが咲いたヒツジグサが咲いた »

」カテゴリの記事

コメント

サクラソウ科の植物,我が家では,草刈りでしおれていたクサレダマの茎をダメモトで挿し木したら,ものすごく殖えました。
近所に2か所あったクサレダマの自生地は草刈りしまくられて無くなってしまいましたが,我が家ではものすごい勢いです。
自生地で元気にしていてほしいのですが,うまくいきませんのね。
普通にありそうな,丈夫そうなオカトラノオは,種から育てたものの我が家では開花株に育つ前に枯死。よくわからないサクラソウ科の植物です。

hal-coさん 今晩は。
クサレダマがたくさんあったら賑やかでしょうね。
たった1本でも花の数は随分多いですからね。
自生地で残るのがいちばんですが、ものによっては系統保存も大事なことと考えています。

初めまして。
静岡県富士市の浮島ヶ原自然公園でサワトラノオの保全をしているものです。
かなり立派に育っていますね。
こちらの自生地では、今春に調べて1000株以上あることがわかったので、一面これぐらいの密度で咲かせられないものかといろいろやっています。
サワトラノオも、茎を挿しても発根するんですね。
いいことを教えていただきました。

NOZOさん おはようございます。
浮島ヶ原湿原には2度ほど撮影に行っています。
私の著書「レッドデータプランツ」の画像はここで撮影したものです。
最近はちとご無沙汰していますが。
サワトラノオも自生地がだいぶ少なくなっていますので
自然に増えてくれるといいのですが。
だいぶ前の印象ですが、はびこるヨシを大幅に除去するだけでも
かなり増えると思います。
日当たりが悪くなると、どうしても疲弊して、勢いがなくなります。

コメントありがとうございます。
ここ3年、公園の開園に合わせてサワトラノオ周辺のヨシやウキヤガラを手作業で刈ってみたところ、刈った場所のサワトラノオの勢いが良くなって増えてきました。やはり日照が重要なようですね。
なので、常葉大と富士市、うちの自然観察の会と共同で、いつ刈り込むとサワトラノオの成長がいいか、今年度から調査研究を始めました。
自生地管理の手法が見えてくるといいなと思っています。

はじめて投稿します。

埼玉県上尾市民です。
こちらのサワトラノオは、最悪の状況下におかれております。

生育地のど真ん中を道路建設が予定され、現在は建設が進んでいます。

数年前から建設計画の変更を求め、活動をしてきましたが、
国の下した判断は、「サワトラノオを移植し、建設は予定通り」という残念なものでした。
国みずから選定した貴重種をみずから脅かすという訳のわからない状況・・・・
憤りをどうしていいかわからない今日この頃です。

どういういきさつかは知りませんが、強硬に反対していた保護団体がころっとOKを
出し、あっという間に工事が始まりました。(大金を掴まされたとのウワサも)

現在は、生育地のすぐ東脇に、高架橋を懸けるべく橋脚の建設が進んでいます。
見るたびに悲しさと虚しさがこみ上げます。

静岡の生育地が、永遠でありますようにお祈り致します。

上尾の一市民様

憤り、いたいほど良くわかります。
国のやる仕事は縦割りですから、横の連携というのは、全くと言ってよいほどないですね。
残念なことではありますが。
結果がどうあれ、市民団体が声をあげるということは、とても大事なことだと思っています。
そのことによって、守られている場所も少なからずあるのですよ。

移植すればよい、という考え方は、どうにもならない時の最終手段であって
決して好ましい状態ではないですが、現在の状態をいかに自然に戻すか、ということも
考えなければならない大事なことだと思います。

その憤りや悔しさを、これからの自然保護に向けてください。
子や孫の世代には、今以上に素晴らしい自然が再生されているように。

髭さん

さっそくのご返事ありがとうございます。
微力ながら今後も頑張ってみようと思える返答、ありがとうございました。

これからも、またグチらせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/57429840

この記事へのトラックバック一覧です: サワトラノオが花盛り:

« キリガミネヒオウギアヤメ | トップページ | 水草の季節   コウホネが咲いたヒツジグサが咲いた »

無料ブログはココログ