« ニッコウキスゲが咲きだした | トップページ | サワトラノオが花盛り »

2013年5月20日 (月)

キリガミネヒオウギアヤメ

Dcim2181 自生地の霧ヶ峰では

立ち入り禁止の湿原の

はるか向こうに咲いているらしいのだが

私はまだ自生地では見たことがない。

縁あって我が家に来てから

かなりの月日が経つ。

植物園などの公的機関で

欲しいところがあればいつでも提供します、と

レッドデータプランツ(絶滅危惧植物図鑑)に書いたが

どこからも申し出がなかった。

現在では見られることが極めて稀な

絶滅危惧植物である。

« ニッコウキスゲが咲きだした | トップページ | サワトラノオが花盛り »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪
丹精されたのですね~とてもきれいに咲いてますね~☆
霧が峰って、エアコンの商品名と、長く思っておりました。。
去年の高知県立牧野植物園の「春の花皿鉢」に、
園芸種のアヤメがたくさん使われてたことを思い出します。
私は、アヤメ、カキツバタ、ノハナショウブの見分けが、
いまだなかなか覚えられずに困っております(*^。^*)♪

いつかは見てみたいと思っているものの一つです。
現地へ出かけては何度か探してはみましたが、、、
はるか遠くに、ですか。。。
みられないわけですね。

リサ・ママさん こんにちは。
馴れてしまえば見分けはとても簡単ですよ。私の本を参考に
頑張ってくださいね。ガンバ

shukuさん こんにちは。
生えている場所は知っていますが、今は近づくことができません。
我が家に来た時は1株だけだったのですが
今は20株ほどに増えています。
今日も別の株が開花しています。
我が家のものは、新種発表のために採取した時の子孫のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/57422613

この記事へのトラックバック一覧です: キリガミネヒオウギアヤメ:

« ニッコウキスゲが咲きだした | トップページ | サワトラノオが花盛り »