« 今年のヤマボウシは | トップページ | キイシモツケ »

2013年6月10日 (月)

ドロニガナ

Dcim2343 多忙のためアップが滞りました。

画像のニガナは渓流植物のひとつ

葉が厚く、花びらは7~12枚

増水すると水をかぶるような渓畔に生える。

紀伊半島の瀞峡で発見されたので

ドロニガナの名前が付いた。














2013年5月26日 三重県熊野川町で

« 今年のヤマボウシは | トップページ | キイシモツケ »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~♪
ドロニガナの花は、やはりお日さまの照らしてる間だけ、花開いてるのでしょうか?
藻を食べる水の中の魚たちとも、仲良さそうですね~☆(*^。^*)☆

リサ・ママさん おはようございます。
そうです。花が咲くのはお日様が照っている時だけです。
雨の日にはつぼんだままです。
場所によって葉の厚さなどに微妙な違いがあり
いまDNAも調べています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/57562688

この記事へのトラックバック一覧です: ドロニガナ:

« 今年のヤマボウシは | トップページ | キイシモツケ »

無料ブログはココログ