« まだ咲いていたササユリ | トップページ | 庭中カワラナデシコ »

2013年7月18日 (木)

ニッコウキスゲ

Dcim1246 夏の高原や高山のお花畑を彩るスターである。

花は朝咲いて、夕方にはしぼむ1日花。

毎日毎日、よくこれだけの花が咲くものだと

感心してしまう。

尾瀬や霧ヶ峰と言った有名な場所が

最近は鹿の食害によって

その数をいちじるしく減少させている。

一面の大群落となるのがニッコウキスゲの真骨頂だ

が、大群落が幻の風景とならないように願うばかりで

ある。

それにしても全国規模での鹿の食害

防ぐ手立てはないものだろうか。

« まだ咲いていたササユリ | トップページ | 庭中カワラナデシコ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/57815934

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコウキスゲ:

« まだ咲いていたササユリ | トップページ | 庭中カワラナデシコ »

無料ブログはココログ