« 庭中カワラナデシコ | トップページ | 再び咲いたネムノキ »

2013年7月27日 (土)

オオキツネノカミソリ

Dcim1448 オオキツネノカミソリが花盛りである。

これはムジナノカミソリとどの程度違うのか調べたくて

各地のオオキツネノカミソリを集めて

同条件で栽培してみて、その違いを調べようとしたのである。

画像の鉢は高知県佐川町のものである。

念のために同じ産地のものは2鉢にわけて植えてある。

早いものは花は終わり、すでに若い果実になっている。

オオキツネノカミソリの花期は7~8月だが

長崎県の植物園から分けてもらったムジナノカミソリと言われているものは10月に咲く。

外見はオオキツネノカミソリとほとんど変わらない。

ところが同じ長崎県でも対馬のものは

8月に咲くという。

対馬産のムジナノカミソリと言われているものは、2箇所から別々に採取し、現在鉢で育てているが

今のところ花茎は見えていない。

外見上は違いはないように見えるので、DNAの解析をはじめている。

ムジナノカミソリは環境省のレッドリストでは野生絶滅とされている。

だがしかし、長崎県のある場所には野生状態のものが健在する。

それらの撮影をはじめ、ムジナノカミソリについては、結論が出るまでに

もう少し時間がかかりそうである。

« 庭中カワラナデシコ | トップページ | 再び咲いたネムノキ »

」カテゴリの記事

コメント

天狗高原へ行く途中の山道で、
キツネノカミソリではないかと思える花を、
1輪だけ見つけました。
佐川町のオオキツネノカミソリとは、別物ですね。
DNA解析とお聞きするとわくわくします。
どんなふうになさるのですか?
あ、小学校の理科実験レベルのイメージしか、
ないのですけど。。

リサ・ママさん 今晩は。
素人にはDNA解析はできません。
ある大学の研究機関にお願いして調べてもらいます。
DNAバーコード抽出には2日間ほどかかります。

大晦日の日に初めましてです。各地のムジナノカミソリ、キツネノカミソリ、オオキツツネノカミソリ違いはいかがでしたか。対馬は個体数が多いですか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/57872824

この記事へのトラックバック一覧です: オオキツネノカミソリ:

« 庭中カワラナデシコ | トップページ | 再び咲いたネムノキ »