« 今年の初花 ヤブツバキ | トップページ | 我が家のヤブツバキ »

2014年3月30日 (日)

椿屋敷のツバキ

Dcim4068我が家のすぐ近くに

私が勝手に椿屋敷と呼んでいるお宅がある。

家の周りはうっそうとした椿に覆われていて

家があるのか見えないほど

それが3年ほど前に、バッサバッサと切られて

ようやく外から母屋が見えるようになった。

木を思い切り切られたせいか

今年はまた特別に見事な花つきである。

様々な品種が植えられている。

これはいただけない、と思う私の好みと

正反対のものもあるが

ここにパチリとやってきたものは

数ある品種の中で、割と気に入っているものである。

人様のお宅の椿を勝手に眺めて

自分の好みもないもんだが、生垣というのは、他人様おも喜ばす。

Dcim4069このピンクの椿の高さから想像すれば

どれほどの木が茂っているのか

大体想像はつくのでは

このほんのりとしたピンクの椿も

なかなか素敵だと思う木の1本である。


















最後にもっともお気に入りは

この白い椿である。

白い花弁は風に痛んで、すぐに茶色く色づくが

なるべく痛んでいない花を選んで写してきた。

Dcim4066
























この葉と花の感じからして、ユキツバキ系の加賀八朔あたりではなかろうか、

と思っている。

白の一重はヤブツバキ系でもユキツバキ系でも

ともかくいい。

茶席の花としても喜ばれるわけが納得できる。





3月29日 近くの椿屋敷で散歩の途中で。

 

 

« 今年の初花 ヤブツバキ | トップページ | 我が家のヤブツバキ »

」カテゴリの記事

コメント

( ̄‥ ̄)今晩は
椿系の花って今頃が多いけど夏椿とかお茶の花は季節が違う。
菖蒲の仲間も花の季節が異なるものがいっぱい。
何が花期を決めているんでしょうね。
考え始めたら眠れなくなりそう。
って、元々熟睡できていないけど。(~~;)

こんばんは。

我が家の実生からのヤブツバキは、今は大木になっています。
結婚してすぐに植えたものだからもう長い月日がたちます。

少しはなれた地域に同じように椿屋敷と呼んでいた家があり、いつもお正月前に色々な一重の椿を切らせてもらっていました。
でももうご夫婦二人とも亡くなられ、空き家になっています。
通りがかりにいつも懐かしく眺めています。

白い椿はやはり良いですね。

アライグマさん こんにちは。
夏椿や茶の木はツバキ科ではあってもヤブツバキとは属が違うのですよ。
一般に椿といった場合は、春に咲くツバキ属のことを言います。
秋から冬に咲くサザンカなどもツバキ属なので、厳密に言えば椿なのですが
椿と呼ぶ場合、サザンカは含みません。
ゆえに自生のツバキは3種だけと言ったのですよ。

さなえさん こんにちは。
私の群馬の実家にも、私が高校生の時に植えた椿が、今では屋根を越すほどの大木に
育って毎年見事な花を咲かせています。
両親とも他界しているので、家は空き家ですが、季節の花は忘れずに咲いてくれます。
親父が植えたイカリソウやヤマシャクヤクがたくさん咲くので
今年は少し我が家に持って来ようかと思っています。

白の一重の椿は大好きです。今、我が家では色々なヤブツバキの変り種が咲いています。
当地、桜も見事に咲いていますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の初花 ヤブツバキ | トップページ | 我が家のヤブツバキ »

無料ブログはココログ