« 貴重なトリカブト | トップページ | 椿屋敷のツバキ »

2014年3月29日 (土)

今年の初花 ヤブツバキ

Dcim4053種を蒔いてから花が咲くまでには

結構な年数がかかるが

初めて咲く花を見るのは

なんとも楽しい。

今年も3本ほどの木が

はじめてつぼみをつけた。

花芽分化は前年の7月頃にははじまるので

今年いくつのつぼみが咲くかは

すでに昨年のうちにわかっている。

画像の木は6個のつぼみをつけた。

思い通りの見事な赤で

大満足である。

ヤブツバキの花の色は赤が普通だか

赤にも様々な色合いがあり、薄い色から濃い色、黒っぽい色、紫を帯びるものなど

まさに千変万化なのである。

すでに他の木も色づきはじめているが、もう1本は

どうやらピンクになるらしい。

2014年3月29日撮影。 鉢で育てた実生のヤブツバキです。

« 貴重なトリカブト | トップページ | 椿屋敷のツバキ »

」カテゴリの記事

コメント

この個体は典型的な赤色の個体,ということになりましょうか。
以前,私も実生のヤブツバキを育てていて,こういった色味でした。
数年前に友人の祖母が亡くなり,「祖母が好きだった」というので,友人に譲り,今は友人宅で咲いています。

ヤブツバキ,って,高齢者にも人気のある,親しみのある樹木なのだと感じました。

ピンクの個体も楽しみですね。

ヤブツバキの花の色、千変万化とは存じませんでした~♪
椿屋敷が昔近所にあり、椿姫が住んでる噂でしたが、
そのお庭をもっと見ておけばよかったと後悔します。
今の私は、椿の園芸物との区別も、
よく分からずに居りますので、お恥ずかしや~!!
実生のヤブツバキをじっくり育てるなんて、
めっちゃロマンでありまーす~ヽ(^。^)ノ
お忙しいお仕事の中で、
どうやってそんな時間が持てるのかと、ビックリですぅ~(笑)
私は、銀杏を植えて公孫樹を育てようとしてたけど、
2年目に草刈りの時、刈られましたぁ~(トホホ)
センダンは、鳥が落とした種から勝手に生えて、
いくら刈っても刈っても粘り強く出てきます。
もう10年以上になるので、
いつか薄紫の花が咲いてくれないかなぁ~と、
期待して居りますよ~(笑)
うちの前の竹藪にあったヤブツバキは、
クスノキと一緒に、今年の冬に枯れました。
ごく普通の濃い紅の花で、毎年、撮ってましたので、
残念ですぅ~( 一一)
とりとめなく書き、どうかお許しください。。

hal-coさん こんにちは。
典型的な赤というより、さらに鮮やかな朱赤に近いものです。
ヤブツバキの典型的な赤い色より、さらにとびぬけた赤なのです。

鉢がやや窮屈になっているので
花が終わったら植え替えようと思っています。

リサ・ママさん こんにちは。
椿は園芸品種は多いですが、自生の椿はたった3種しかないのですよ。
ヤブツバキとユキツバキ、それに両種の雑種といわれているユキバタツバキの
3種類だけなのです。
これらの中から選抜されたり、かけ合わせたりして、千種類をこえる園芸種の椿が
生まれたのですよ。
どんな豪華な椿も、原種を越えられるものはない、と私は思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貴重なトリカブト | トップページ | 椿屋敷のツバキ »