« ヒツジグサ | トップページ | ニッポンイヌノヒゲ »

2014年9月 1日 (月)

レンゲショウマ

Dcim0273花はすでに散ってしまったが

8月晩夏に咲いたレンゲショウマである。

撮影したのは8月27日

この時点ですでに茎の上部の花は散っている。

暑い平地での栽培は

涼しい日陰で、風通しの良い場所で育てるが

すぐに葉焼けを起こして

葉は黒く、つぼみも咲かないまま終わることも多い。

人気のある花なので欲しがる人も多いが

冷涼な場所や地域でないと

栽培は難しい。

やはり深山で自生を見るに限るが

栽培して、いろいろな状態を見ておかないと

保護は難しいこともある。

鹿の食害によって、多くの場所で消滅している。

Dcim0281花は下向きに咲き

なんともやさしい色合いである。

ある写真家は

まるで和菓子のようだ、と

うまい表現をするな、と感心した。

花はあちこち

好き勝手な方向を向いて咲くので

なかなか絵にするのが難しい花でもある。

株分けして

小さな苗から、花が咲くようになるまで

結構な年数を要するが

我が家からは花が咲くようになった株が

ずいぶんとあちこちに

お嫁入りしている。





撮影は8月27日 我が家の栽培株。今年は新たに2本の株が開花した。




« ヒツジグサ | トップページ | ニッポンイヌノヒゲ »

」カテゴリの記事

コメント

千葉市の市街地にある我が家でも毎年レンゲショウマが咲いています(大手園芸店から購入した株)。
シナノキの下で,春は日照があたり,夏は日陰,という環境でたくさん咲いてくれます。
レンゲショウマの周囲には下草もあり,地面の温度が上がらないようにしています。
とはいえ,千葉県内でレンゲショウマの栽培を試みて「枯れてしまった」という声をよく耳にします。

初めてレンゲショウマの自生株を見たとき(那須の周辺),その環境は市街地に無理だと感じましたが,樹下と下草という環境でなんとかなるのですね。
ただし,結実してもシイナが多く,実生は無理そうです。

毎夏,庭のレンゲショウマを見るたびに,自生地のレンゲショウマを見に行きたいと思いつのります。

こんばんは。
はっきりしないお天気が続いています。
レンゲショウマは大好きな花ですが、自生地で見たいお花ですね。

我が家も園芸店で廃棄処分になっている株を購入して10年以上になります。
育った株が丹後半島にもお嫁入しました。(^^)
今年はしっかりとした株で育ったのに、みんなに見ていただきたくて入口に置いていたら
葉が西日で焼けてしまって可哀想なことをしました。
来年からは涼しいところからは移動しないようにしようと思います。(反省)

こんばんは。

真珠色をしてうつむいて咲くこの花の風情に心惹かれます。
開花時期もあり祈りの花だと私は思っています。

我が家は数年前に  ↑ 嫁に来た株ですが、毎年無事に花を咲かせてくれます。

hal-coさん シナノキの下のレンゲショウマなんて素敵ですね。
長野県あたりの高原のような雰囲気ですね。
栽培品とはいえ、とても優雅な印象を受けます。
いつまでも長生きさせたいですね。

アザミの歌さん こんにちは。
レンゲショウマはすぐに葉焼けを起こすので
特に夏の強い日差しは避けないとダメですね。
でも増えてお嫁入りさせられるくらいなのですから
栽培は上手なのだと思います。
来年も頑張ってください。

さな・花の庵さん 画像はいつもブログで拝見しています。
夏場が極端に暑い太平洋側の平地と比べたら
そちらは栽培に適しているのだと思います。
株で結構増えますから、たくさん増やして
花材としてもご利用ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/60243460

この記事へのトラックバック一覧です: レンゲショウマ:

« ヒツジグサ | トップページ | ニッポンイヌノヒゲ »