« ウスユキクチナシグサ | トップページ | ジャーマンアイリス »

2015年5月11日 (月)

アイラトビカズラ

Dcim0847日本で見つかった

3ヶ所目の自生地である。

川の側で

まるでジャングルのように茂っていた。

画像の太い木が

アイラトビカズラ自身のツルなのである。

あまりの太さにビックリだが

木の幹からも

いくつもの花をぶらさげている。

花はブドウの房のようで

いくつもの大きな花がついている。

木の下には

おびただしい数の花が散っていた。

撮影中もぼたぼたと音を立てながら

花が散ってくる。

花の中には蜜がたまって

光っている。

その蜜の量が半端なく多いのである。

試しに舐めてみたら

ほんのりと甘かった。

Dcim0868












2015年5月1日 熊本県の天草で。




« ウスユキクチナシグサ | トップページ | ジャーマンアイリス »

」カテゴリの記事

コメント

すごい太さ。
この黒紫色の花もすごいなぁ。

と,感心するだけの私。
すごいなぁ。

hal-coさん こんにちは。
誰かさんは、地味なヒスイカズラみたいな印象ですね。絵文字で★バキッ
だそうです。
誰だかわかりますよね。あはは
そりゃ同類だもの似てますよ。
花はデカいけど、確かに地味だ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/61572649

この記事へのトラックバック一覧です: アイラトビカズラ:

« ウスユキクチナシグサ | トップページ | ジャーマンアイリス »

無料ブログはココログ