« クサタチバナ | トップページ | ヒメフウロ »

2015年5月30日 (土)

コバノミミナグサ

Dcim1257伊吹山の固有種である。

一時は数が少なくなっていたが

最近は増える傾向にある。

特に伊吹山の山頂付近には多い

平地から登山者の靴によって運ばれた

オオバコやシロツメクサなどと一緒に

まるで雑草のように生えている。

今頃が花の最盛期。

本来は石灰岩の中に生える。

高山植物に近い植物なのだが

平地に生えるミミナグサのようである。



2015年5月27日 伊吹山山頂で

« クサタチバナ | トップページ | ヒメフウロ »

」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
先程の地震は我が家もよく揺れました。
コバノミミナグサって写真を見る限りはもう少し毛深いとオランダミミナグサとσ(-_-;)には見分けがつきません。
(^◇^;)
たぶんサイズとか立ち上がり方とか違うのだろうけど。

アライグマさん こんにちは。
確かにそんなふうにも見えますね。
山頂付近では、まるで雑草のように咲いています。
一時は目に見えて減少しましたが
最近はまた増えてきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/61670023

この記事へのトラックバック一覧です: コバノミミナグサ:

« クサタチバナ | トップページ | ヒメフウロ »