« アサツキ(長崎県対馬産) | トップページ | イブキトラノオ »

2015年5月15日 (金)

実生のカキツバタが咲いた

Dcim1099今日、カキツバタが咲きました。

初花です。

カキツバタの種子を撮影し

用済みになったその種子を

庭のハッポウスチロールのトロ箱の

水草(水生シダのオオバシナミズニラ)の鉢に浮かべておきました。

翌年芽が出て

今年で3年目です。

そのうちの1本から花茎が伸びて

今日、初花の1輪が咲きました。

来年は、たぶん10本くらいに

花が咲きそうです。

あまり深くはないトロ箱でこの状態ですから

きちんとした場所で肥培栽培したら

2年目くらいで花が咲きそうですね。

なにしろ、こちらは何にもしないで

ただ種子を水に浮かべておいただけですから、あはは

そのトロ箱ですが

根元はこんな状態になってます。

Dcim1104最初は水草が

水中に伸びて、先端の葉が水上に出ている状態だったのですが

自然に泥が溜まって

だんだん浅くなり

水草のオオバシナミズニラが青息吐息の

状態になったので

こちらは水深のある程度ある新しいトロ箱に

お引越しさせて順調に育っています。

浅くなったトロ箱には

先ずトウサワトラノオの種子が飛んで

白いお花畑に

画像でも咲き残りの白い花が見えますね。

カキツバタは陸地化した土に定着して

すくすくと育ち、そして今日、はじめて開花したのです。

こんな小さなトロ箱でも、定期的な水やりをするだけで

自然の遷移を見ることができるのです。




2015年5月15日 はじめて実生のカキツバタが咲いた日。




« アサツキ(長崎県対馬産) | トップページ | イブキトラノオ »

」カテゴリの記事

コメント

カキツバタ記念日なのですね,今日は。

実生で咲いてくれると本当にうれしくなります。
草本は3年,くらいで咲いてくれるのかな。

ちょうど我が家でも実生から育てて,今年初めて開花したコヤスノキがあります。
2007年に種子を播種したので,8年目で開花しました。
3株あり,雌木と雄木が出たので,観察にもよし,うれしい結果でした。
(私もコヤスノキ記念日を作らなくては!)

わぁ~ぃ、語呂も良くて、ステキな記念日~(^^)/
来年が、また愉しみですね~☆

友達で、あらゆる野菜の切れ端を水栽培してる人が居ます。
また果物の種は、水で発芽させて鉢植えし、
スイカやメロンが生って食べれたと云う話です。
話半分に聴いてたけど、あり得るのかしら??
とにかく水遣りさえ忘れなければ、イケるんでしょうか~??

カキツバタかーーーー
アヤメの仲間で一番好きな花かな。
シンプルでスッキリしていて
ヽ(´ー`)ノ

hal-coさん 今晩は。

カキツバタ記念日も終わりました。
たった1本なのに、次々と何輪も咲いてくれました。
髭さんは2輪しか見なかったけど。あはは

きょうはニッコウキスゲの最後の1輪がさいていました。
花の命はほんとに短いですね。
貴重なコヤスノキ、大事にしてください。

リサ・ママさん 今晩は。
話半分ではありません。植物は強いですから。
ひとつ誰がやっても必ず発芽する果物をお教えします。
アボカドです。
食べた後の大きな種子を土に埋めておくと
100パーセント発芽して、立派な木になりますよ。

アライグマさん 今晩は。
園芸種と違ってシンプルで良いですね。
来年はもっとたくさん咲くと思います。
なんだか得した気分です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/61591490

この記事へのトラックバック一覧です: 実生のカキツバタが咲いた:

« アサツキ(長崎県対馬産) | トップページ | イブキトラノオ »