« シロヤシオ | トップページ | 水草の季節  コウホネ »

2015年5月27日 (水)

京鹿子

Dcim1212シモツケソウの園芸品種である。

花の色の濃いものを

選別育種し

キョウガノコ(京鹿子)という名前を与えた。

我が家の今年の花は

色はあまり濃くなく

なんだかツモツケソウそのものに

戻ってしまったような感じがする。














Dcim1214こちらは多少花の色が濃い。

だが、この程度の花の色の違いは

自然の中では

ごく普通に見られる現象である。

今日、シモツケソウのお花畑で有名な

伊吹山に行ってきたが

山の上では、やっと

芽吹いたばかりだった。

鹿の食害によって

かつての大群落は

ここ数年は見られていない。





2015年5月25日 我が家の鉢栽培品である。

« シロヤシオ | トップページ | 水草の季節  コウホネ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/61653523

この記事へのトラックバック一覧です: 京鹿子:

« シロヤシオ | トップページ | 水草の季節  コウホネ »