« ベニバナセンブリ | トップページ | ファレノプシスが咲きだした »

2015年6月 3日 (水)

ハマハナセンブリ

Dcim1472下の画像のベニバナセンブリに

大変よく似ているが

こちらがハマハナセンブリである。

2015年現在では

ハマハナセンブリの方が

圧倒的に数が多い。

ベニバナセンブリは西日本から帰化したが

現在では見ることがほとんどない。

帰化植物の常として

日本に定着できるものは

ほんの少しである。

一時は日本全国を覆うように帰化した

セイタカアワダチソウが

最近はすっかりなりを潜めたように

その時々の環境などによって

帰化植物の消長は激しいのである。

ベニバナセンブリは薬用植物園などでは栽培もされているが

現在はほとんど見ることができない。

そのかわり、このハマハナセンブリが

今は日本全国にはびこってきたようである。

ベニバナセンブリより花は小さいが、色は鮮やかで

一面にはびこると、なかなか見事である。




2015年6月2日 我が家の庭に勝手に生えてきたもの。

« ベニバナセンブリ | トップページ | ファレノプシスが咲きだした »

」カテゴリの記事

コメント

千葉県ではいまだセイタカアワダチソウの群落があります。
ちょっと放棄した田畑や,造成した宅地にはあっと今に入り込みます。
千葉ではこういう土地(の乱開発)がまだあるのでセイタカアワダチソウの生きる場所はあり続けるのかも。

hal-coさん 今晩は。
場所によってはセイタカアワダチソウはまだまだ多いものの
一時ほどの爆発的な勢力は衰えましたね。
我が家の屋上庭園でも、いまだに種子からの芽生えが
ぽつぽつと見られます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/61688639

この記事へのトラックバック一覧です: ハマハナセンブリ:

« ベニバナセンブリ | トップページ | ファレノプシスが咲きだした »