« 野菊が花盛り   ハマギク、ダルマギク、ハマベノギク | トップページ | サザンカ »

2015年10月30日 (金)

野菊が花盛り   オキノアブラギク

Dcim0774シマカンギクに非常によく似ているが


しっかりとした地域的なまとまりを持った集団で


シマカンギクとは明らかに区別できる。

島根県の隠岐の島を中心に

本州の日本海側にも点々と分布する。

我が家のものは隠岐の島のものだが

今頃の季節から満開になる。

いがりまさし氏はその著書『日本の野菊』の中で

シマカンギクとオキノアブラギクは同種と

考えているようだが、オッタチカンギクを

変種と認めるならば、それ以上にオキノアブラギクの方がしっかりとした集団であると言える。
変種のレベルをどこで線を引くかは、人それぞれだし、学者によっても見解の異なるところだが

種のレベルを割と大雑把にとらえる私だが、オキノアブラギクに関しては

変種レベルに賛成である。

現在もDNAをはじめ、様々な角度から日本の野菊に挑戦中である。
我が家の庭の野菊も、今後、ノジギク、アシズリノジギク、オオシマノジギク、サツマノギクなど

ノジギク類に花の季節が移ってゆく。






2015年10月30日 我が家の庭で


« 野菊が花盛り   ハマギク、ダルマギク、ハマベノギク | トップページ | サザンカ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/62578135

この記事へのトラックバック一覧です: 野菊が花盛り   オキノアブラギク:

« 野菊が花盛り   ハマギク、ダルマギク、ハマベノギク | トップページ | サザンカ »