« l(4g(4 | トップページ | ユキワリイチゲ »

2016年3月14日 (月)

ミチノクフクジュソウ

Dcim1568ミチノクという名前だが

分布は青森県から九州まで

画像を撮影したのは

大分県の竹田市である。

花びらの色がレモンイエローで

萼片より花弁の方が明らかに長い。

日本に4種あるフクジュソウの中では

最も識別が容易な種である。






   2016年2月17日 大分県竹田市で撮影

« l(4g(4 | トップページ | ユキワリイチゲ »

」カテゴリの記事

コメント

これだけ花弁が開いてもパラボラアンテナ効果はあるのだろうか。

金沢文庫称名寺ではニリンソウが咲き出しました。
(*^.^*)

アライグマさん 今晩は。
春が一気にやって来たようですね。
フクジュソウの仲間内では最も花期が遅いのがミチノクです。
ソメイヨシノの開花と重なります。
ですからこれからが最盛期になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/63344565

この記事へのトラックバック一覧です: ミチノクフクジュソウ:

« l(4g(4 | トップページ | ユキワリイチゲ »