« コバノミツバツツジ | トップページ | ナニワイバラ »

2016年4月10日 (日)

吾輩は花である  名前はまだない

Dsc_01151夏目漱石の「吾輩は猫である」風に言うと

こうなる。

まだ正式には名前がついていない植物である。

キジムシロ属のニューフェイスである。

葉はエチゴキジムシロに似ている

全体はツルキジムシロ似か

ただのキジムシロと混同されているみたい

九州で見つかって宮崎博物館のSさんが

目下検討中である。

博物館の庭に移植されていたものを

1株ちぎって「こんなものがあるのですよ」と

説明された。

その株を我が家のハッポウスチロールのトロ箱に挿しておいたら、数年でこんなに増えた。

只今花の最盛期である。

環境さえ合えば、ストロンでどんどんと増えてゆく。







2016年4月8日 我が家の庭で

« コバノミツバツツジ | トップページ | ナニワイバラ »

」カテゴリの記事

コメント

一見、よく見るお花のようですが、
実は、ニューフェイスなんですね〜♪
繁殖力が強いところは、外来種のようですね〜~~(笑)
どんな名前がつくのでしょうね。
なるべく可愛いげのある名前になったらいいなと、願ってまーす〜☆

ところで私も最近肩痛で、受診しました。
エコー検査の結果、肩の組織と組織の間になんだかヒアルロンサンだかなんだかの溶液を注射したら直ぐに痛みが止まるよと言われましたが、
注射を腕以外にするなんて怖くてお断りしたら、よくある貼り薬を処方され、貰って帰ったけど、貼っていません(汗)
いよいよここ一番の大事には、注射の手があると知り、安心しました。髭さん、アライグマさんの60肩が、早く治りますようお祈りしてますね!!m(__)m

リサ・ママさん 今晩は。
新種発表までは長い時間がかかるので
まだしばらく名無しのままですね。
60肩は困ったものです。
毎日イテテ、イテテで過ごしています。
ザックを担ぐのが大変なので、西表島には先に荷物だけ
宅急便で送ります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コバノミツバツツジ | トップページ | ナニワイバラ »