« ヒツジグサとエゾベニヒツジグサ | トップページ | ナリヤラン  Arundina graminifolia  »

2016年10月18日 (火)

ハマトラノオ

栽培品をはじめて見たのは

今から数年前のことである。

家の近くでお花を教えているらしいお宅の

門の上に小さな鉢植えがあった。

その後、ネットで見ると

植物園などでも多量に植えている所もあるようだ。

本来は海岸の岩の間などに生える絶滅危惧植物である。

我が家のものは種子を蒔いて育てた。

花が咲くまでに数年がかかった。

それも自生地のようにコンパクトでもないし

花の色もずっと薄い。

栽培品と自生地のものは違うものかも知れない。

近くの家のものは花の色が濃く

毎年コンパクトに咲いている。ひょっとすると園芸種かも知れない。

Dsc_40131これは我が家の栽培品

花つきが良くなかったので

昨年植え替えた時に

やや多めに肥料を入れたら

大きくバサバサと茂りすぎて

野生種のような

コンパクトさがなくなって

紫外線の関係とはいえ

花の色は自生地のものと比べると

かなり薄い。

山野草の栽培では、私は腐葉土は入れるが

肥料はほとんど施さない。

このハマトラノオは、花は見事に咲いたが失敗作かも。

来年の植え替えでは

やはり無肥料に戻そう。

Dsc_40151種子はともかく

たくさん採れるので

実生をすれば

ものすごい量の苗はできる。

だが、増えすぎても困るので

株元にできる新苗を

株分けして植え替えるのが

確実に翌年も花を咲かせられる

コツである。

花の色を濃くするための工夫は

何か良いアイデアは

ないものだろうか。

自生地で見る

紫色に近い濃い花色に、やはり心魅かれる。

肥料を与えると枝分かれが多く

花穂だけはたくさん着くのだが、やはり野性味に欠ける。

Dsc_37721
























撮影は2016年10月16日 我が家の栽培品







« ヒツジグサとエゾベニヒツジグサ | トップページ | ナリヤラン  Arundina graminifolia  »

」カテゴリの記事

コメント

ハマトラノオ!花はたくさん咲いても失敗かも?ですか、やっぱり自然の中にあるものがオリジナルの姿ですものね!それでも実物を見ることができない私にはありがたいことです。私のすむ街の近くにある砂浜にはないのかな~ 近いうちに 見つけに行ってみましょうか(^-^;  絶滅危惧植物ですもの そんなに簡単には見つけられないのでしょうね! 髭さんのブログで見せてもらってたのしみます。

紫外線ならブラックライトを当ててみるとか。
ベランダならやれそう
(ΦωΦ)ふふふ…

とくジィさん 今晩は。
ハマトラノオの分布は九州の南西部から沖縄にかけてですので
自生の姿は簡単には見られません。
それに個体数も非常に少ないものです。

アライグマさん 今晩は。
ブラックライトですか、なかなか難しそうです。
無肥料で、他の鉢と離し、ガンガンと日の当たる場所だと
理想なんですけどね。限られたスペースではそんな贅沢もできません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/64368003

この記事へのトラックバック一覧です: ハマトラノオ:

« ヒツジグサとエゾベニヒツジグサ | トップページ | ナリヤラン  Arundina graminifolia  »