« 野菊の季節  ダルマギク咲く | トップページ | まだ頑張ってる花たち »

2016年10月23日 (日)

ニッコウキスゲが咲いた

Dsc_40831あわてん坊というか、

粗忽ものというか

今頃の季節になると

必ず1本か2本

ニッコウキスゲの花茎が伸びてくる。

季節を先取りしていると言えばカッコイイが

単に季節を間違えてしまっただけの

おっちょこちょいのニッコウキスゲである。

今年茂った葉が

秋になると枯れてなくなる。

そして、今頃になると

緑の葉が再び伸びだしてくるのである。

高原や山に生えるニッコウキスゲでは

このようなことは起こらず、秋には葉が枯れて冬を迎え、翌春に芽を出して生長する。

栽培下においては、特に平野部の暖かい地方では、10月から11月の頃に、春と勘違いし

て、新芽が伸びだしてくるのである。

その新芽の脇には、当然花茎を準備しているものもあり、つぼみは少しずつ膨らんで小春

日和のような晩秋に、花を咲かせてしまうのである。

桜のソメイヨシノが、寒い日が続いた後にやってくる小春日和の暖かい日に、春と勘違いし

て花を咲かせてしまうのと、原理は全く同じである。

Dsc_40801そんなわけで

また今年もニッコウキスゲの花を

あと何輪か見ることになる。

周りには野菊の花が

いっぱい咲いているというのに。

ニッコウキスゲと言えば

普通は夏の7~8月が最盛期である。

だが、栽培してみると

毎年知多半島の我が家では

花の最盛期は5月上旬から

中旬にかけてである。

やはり暖かい分だけ

花の咲く季節も早いのである。


2016年10月23日 我が家のプランターで。

« 野菊の季節  ダルマギク咲く | トップページ | まだ頑張ってる花たち »

」カテゴリの記事

コメント

今日は ニッコウキスゲ ですね!
 少し違うのですが 遠い昔に 母がユウスゲの苗をもらってきて、部屋からよく見えるところに植えたのを思い出しました。夏になると 毎日 夕方に咲く花を 今日は1つ 明日は3つ咲きそうとつぼみを探していた姿が嬉しそうでした。薄い黄色で儚い命の花をことさら好んでいたのは なぜだったのかな~?
母のことを久しぶりに思い出させてもらいました。
 今日は、雨の中 海の近くに行きましたら 髭さん家のニッコウキスゲと同じく 勘違いしたのか?桜の花が 葉っぱのついた枝に 春より 小ぶりで色もくすんだ花をいくつも咲かせていましたよ!
 まったく関係ない話しをしてしまいましたかね!ゴメンナサイ お許しください!!

とくジィさん こんにちは。
髭さんもユウスゲは大好きで、たくさん栽培しています。
ニッコウキスゲと違って、ユウスゲは今頃芽を出すことはないですね。
元々の生える環境が違うせいだと思うのですが、同属でもハクウンキスゲなどは
南の地方の海岸の岩場に生えるのに、やはり今頃芽を出します。
桜も季節を勘違いして咲くことが多いので、よくニュースネタになってますね。
いつもコメントありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/592300/64389773

この記事へのトラックバック一覧です: ニッコウキスゲが咲いた:

« 野菊の季節  ダルマギク咲く | トップページ | まだ頑張ってる花たち »

無料ブログはココログ