« ボタン  百花の王 | トップページ | 西洋シャクナゲ »

2017年4月29日 (土)

トウサワトラノオ  Lysimachia candida

Dsc_68731絶滅危惧植物である。

現在の所、自生が確認されているのは

愛知県と栃木県だけである。

どちらの県でも

一度は絶滅したのだが

見事に復活した。

種子に休眠能力が備わっているようである。

花はサクラソウ科なので

なかなか見ごたえがある。

画像の株は(実際には何代目かの子孫だが)

私が愛知県で再発見し

我が家で系統保存しているものである。

発見したのは2002年の5月である。

だから、もうかれこれ15年ほど栽培していることになる。

当初は愛知県でしか自生が確認されていなかったので

先ず何本も標本にした。

小さなロゼット株を1株だけ家に持ち帰った。

Dsc_68711それが今や

我が家の庭中にはびこるほどに

増えているのである。

発見地でも健在ではあるが

長い年月にわたって保護するには

無理があるような場所なので

系統保存する義務があるような気がする。

管理の行き届く植物園か大学などで

引き取って欲しいと思っているのだが

なかなか良い所が思いつかない。

ロゼットでも種子でも

かなり増えるので

栽培は容易である。

どこかの植物園か研究機関で引き取ってくれる所が手をあげてくれれば

喜んで提供する。




2017年4月28日撮影 我が家での栽培品である。

« ボタン  百花の王 | トップページ | 西洋シャクナゲ »

」カテゴリの記事

コメント

千葉県立中央博物館は打診されましたか?
千葉県での系統保存というのも変な話です…。

きれいな白い花が絶えることの無いよう,祈るばかりです。

hal-coさん 今晩は。
できることなら愛知県内が理想なのですよ。
他県でも問題はないのですが、パートの方が面倒を見ているような所は
例え国立でも問題ありですね。
今までにも何度か苦い経験があるので
慎重に、と思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボタン  百花の王 | トップページ | 西洋シャクナゲ »