« ゲンカイツツジ | トップページ | 特別な椿  ヤブツバキの変異 »

2017年4月 1日 (土)

ブーゲンビレア

Dsc_60431温室がない我が家では

南方系の植物は

冬にはすべて家の中に持ち込む。

幸いに陽当りがすごく良いので

冬の間でも

エアコンの暖房は

ほとんど入れることはない。

特にブーゲンビレアやハイビスカスや

ヤシ類やラン類など、大事にしている物は窓辺にズラリと並べるのだが

スペースが限られているので、なるべくコンパクトにして持ち込む。

ブーゲンビレアはほぼ丸坊主状態に刈り込んで、なるべく面積を少なくする。

Dsc_60441だが、11月の末頃に持ち込むと

冬の間にも結構芽をふいて

陽当りの良い窓辺を目指して

どんどんと伸びてゆく。

光りを求めて伸びるのは

植物の常である。

なんでこんなに伸びるの、と思うほど

ひょろひょろと伸びてゆく

言わばモヤシ状態で

窓ガラスに到達したものは

まるでガラスを這っている。

そして、今頃になると

花が咲きはじめるのである。

夏の間のように花はビッシリとつかないのは、モヤシ状に伸びたので

花のつく節間がまばらになるためと思われる。

昨年の取り込み時に、バッサバッサと切った枝を挿し木にして

ベランダに置き、スーパーのレジ袋をかぶせただけの鉢でも、何本かは生きていて

すでに新芽が見えている。

来年はマングローブやヤエヤマオオタニワタリのように、ベランダの軒下に置いても

ブーゲンビレアは冬を越せそうなので、こんなに大事にしなくても良いかも知れない。

時は4月、天気の良い日を選んで、そろそろ外に出す日が近い。





撮影は2017年4月1日 我が家の窓辺で咲きだしているブーゲンビレア。

« ゲンカイツツジ | トップページ | 特別な椿  ヤブツバキの変異 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゲンカイツツジ | トップページ | 特別な椿  ヤブツバキの変異 »