« カサブランカモドキ | トップページ | ユウスゲの最盛期 »

2017年7月10日 (月)

ハマボウ Hibiscus hamabo

Dsc_84561アオイ科フヨウ属

学名のヒビスクス(ハイビスカス)からもわかるように

花は朝咲いて

夕方には散ってしまう1日花である。

海岸の潮をかぶるような泥湿地に生える。

神奈川県の三浦半島を北限に

南は九州の奄美大島まで分布する。

画像の木は

種子を蒔いて育てた

我が家の鉢植えである。

3日ほど前から咲きはじめた。

ハマボウは夏の花

海岸に生える樹木である。

最近は街路樹として利用している海辺の街もある。

河口にも生え、時に海からかなり離れた場所でも見ることがある。

Dsc_84551我が家の木は

まだまだ小さいのだが

今年はいきなり3輪の開花ではじまった。

一昨日は1輪だけ

きょうは咲いている花は1輪もない。

まだ小さなつぼみがいくつもついているので

これからしばらくは楽しめそうである。

昨年は夕方になって

散った花を見て気がついたが

今頃の季節は

家を留守にすることが多いので

タイミングが悪いと

1輪も花を見ないで終わってしまうこともある。

落葉低木なので、冬には落葉するが

秋に見事なまでに紅葉することがある。花は見逃すことが多いのだが

紅葉は毎年のように見ている。






撮影は2017年7月8日午前中に撮影。我が家にはこの木が3本ある。




« カサブランカモドキ | トップページ | ユウスゲの最盛期 »

」カテゴリの記事

コメント

近所の湾の片隅のハマボウが2週間前には1cm位の蕾だったからそろそろ見に行ってみようかな。
蕾は数えきれないくらいあったから咲き始めれば・・・・・
ヘ(^◇^;ヘ)(ノ;^◇^)ノ

アライグマさん 今晩は。
海岸の木の最盛期だと、かなり見事に咲いていると思います。
我が家の近くの港付近にある工場の周りに、この木が多数
植えられていて、最盛期にはなかなか見事な景観となります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カサブランカモドキ | トップページ | ユウスゲの最盛期 »