« カキツバタ | トップページ | アマリリス »

2018年5月17日 (木)

サワトラノオ

Dsc_3314きょうも我が家の疑似湿地では

色々な花が咲いている。

今が旬なのが

左端に見えているカキツバタだが

その他にも

様々な花が

咲きだしている。

花がとても小さくて

マクロ撮影しなければわからないような

そんな花も咲きだしているが

きょうの主役は

紫色のカキツバタの奥に見える

白い花である。

これも絶滅危惧植物に指定されているサワトラノオである。

湿地に生えるが、そうどこにでもある物ではない。

我が家のサワトラノオは静岡県産である。

標本にした茎の下部をカットした時に、なんだか挿しておけば発根するような気がして

それが見事に成功したのである。今では我が家の疑似湿地で、種子からも発芽して

それなりに増えている。

Dsc_3313標本を採った自生地で

保護するにはどうしたら良いか、と

相談されて

とりあえず周辺のアシを刈って

陽当りを良くし

株元を攪拌しなさい、とアドバイスした

そしたら自生地では

翌年、素晴らしく増えて

花つきも見事になったと連絡が来た。

栽培の経験からのアドバイスも

結構役に立つのである。



撮影は2018年5月17日 我が家の疑似湿地で。プランターで作った湿地である。


« カキツバタ | トップページ | アマリリス »

」カテゴリの記事

コメント

サワトラノオ,ものすごく増殖していますね。すばらしい。
湿地の環境は,作ろうとしてもなかなかうまくいかないと思っています。
過去幾度か失敗しました。

髭さんは,センスと,経験と知識の裏打ちがあるから成功するのでしょう。

虎の尾を名乗っていながら虎の尾っぽじゃないですね。
丸い団子状
(=^・^=)猫の尻尾と名付けるべきだ。
猫の尻尾も色々だけど。

hal-coさん 今晩は。
湿地作りはかなりいい加減なのですよ。
園芸用の余った土を下に入れて、その上に
田んぼの土を入れるだけです。
植えるものによって水深だけは考えますが。
常に水がある状態が良いのか、それとも水が滲む程度の湿地なのか
種類により様々ですが。

アライグマさん 今晩は。
画像は花の終わりに近いので、咲き進んで丸い団子状に見えますが
花は穂状で、開花初期にはまさに虎の尾状態なのですよ。
猫の髭という植物ならありますけどね。アハハ

猫の髭
しらべちゃったよ。
虎の尾状なのに雰囲気は白い彼岸花
ヘ(^◇^;ヘ)(ノ;^◇^)ノ

アライグマさん おはようございます。
早速に調べましたか。
ネットはこういう時にはとても便利ですよね。
それにしても面白い名前でしょ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カキツバタ | トップページ | アマリリス »

無料ブログはココログ