« イトキンポウゲ | トップページ | 台風後の萩 »

2018年8月19日 (日)

コヒガンバナ

Dsc_1421秋の彼岸の頃に咲くヒガンバナに

大変良く似ているが

これはヒガンバナではなく

種子ができるコヒガンバナである。

友人から種子をいただいて

私が蒔いて育てたものである。

ヒガンバナよりも花期が早く

例年8月の中頃より咲きだす。

この株は今年初めて花茎をあげた

初花である。

同じ鉢の後方に見えるのは

クワズイモの実生株である。

また今年も早合点するマスコミが

もうヒガンバナが咲いた、などと無知の報道をするかも知れない。

そう言えば、今さっき見たテレビで南米のアンデスの氷河を取り上げていたが

そこで登場したプヤ・ライモンディイを100年に1度だけ咲く高山植物と紹介していて

思わず笑ってしまった。そんな馬鹿な、である。あはは

マスコミの報道と言うのはかなりいい加減で、プヤ・ライモンディイは確かに数十年かけて

花が咲くのは確かだが、100年とは誇大もいいところである。

天下のNHKでさえ、時たまとんでもない誤った報道をしているが、なんで専門家の意見を

聞かないのか、はなはだ疑問である。

話しが横道にそれてしまった。

繰り返して言うが、画像の花はヒガンバナではなく、コヒガンバナである。






撮影は2018年8月15日 我が家のベランダの鉢植えである。

明日からしばらく北アルプスに撮影に出ます。コメント返しはかなり遅くなります。

« イトキンポウゲ | トップページ | 台風後の萩 »

」カテゴリの記事

コメント

100年に1度開花するプヤ・ライモンディイ,の番組は,私も見ました。本当にそうなのか,もしかしたら50年に1回くらいは咲いているんじゃ無いのか,とか,10年以上しっかり観察している人がいないだけじゃ無いのか,とか,疑念を持ちつつ,NHKの番組だし,海外の植物だし,なんとなく信じていました。

日本国内では,タケの開花に大騒ぎするニュースが毎年流れるたび,いい加減に誇大情報はやめて欲しいと思っています。

コヒガンバナの開花,私も注意して観察しようと思います(近所には無さそうです)。

hal-coさん こんにちは。
マスコミの報道もそうですが、ネット上の植物情報、特に名前ですが
間違いだらけですね。
知らない人は検索して、それを信じてしまうのが怖いです。
先日ある編集者がネットで探してきた植物の画像を何点か持ってきたのですが
そのすべてが間違いでした。
ネットは信じてはいけないと、つくづく思いました。

NHKも時々堂々と違う名前を出している事が有るからね。
(=^・^=)
笹は毎年花をつける株が有りましたがアパートの建て替えで消えました。
((((((((^^;

アライグマさん こんにちは。
天下のNHKも担当によって対応はまちまちのようですね。
さすがに自然番組ではあからさまな間違いは
随分と減ったと感じていますが
情報番組などに登場する植物に関しては
エッこれ違うよ、と言うのも見かけます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イトキンポウゲ | トップページ | 台風後の萩 »

無料ブログはココログ